春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
モデルチェンジされた新型のアンコールは、旧型に比較してメンテナンス性が格段に向上して、壊れにくくなっている。

resize1204_20161011173216f37.jpg
二次燃焼室の蓋がハマっているだけなので、少しだけ持ち上げて手前に下側を引き出すと、簡単に外れる

旧型のモデルはスロートフードが熱で曲がってしまって取り外し、取付けに難儀したけど、ニューモデルの場合にはそういうことがない。

resize1203.jpg
次に触媒が納まっている蓋を手前に引き出して取り外す

resize1202.jpg
触媒が見えるので、取り出して刷毛なので灰を綺麗に払って、触媒内部に詰まっている灰を取り除く

resize1205_2016101117321701a.jpg
清掃して綺麗になった触媒

簡単なメンテなのでシーズンの途中にも一度くらいは点検して、状況に応じて灰を取り除いてやった方が効率良い燃焼をしてくれる。この部分に灰が詰まってしまうと燃焼効率が落ちる。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1567-d289fa4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック