春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
国産の岡本の薪ストーブは「日本の国土で多い針葉樹を活用する」というポリシーで設計されている。針葉樹オンリーでガンガン焚いても、ゆっくりと燃やして温度が上がり過ぎないような設計となっている。「気密性が高い一体成型された鋳物製のボディー」「触媒でゆっくり燃やす」「内蔵ダンパーを排したシンプルな構造」がその鍵となっている。

肌寒くなってきて、炎が恋しくなってきたので、火を入れてみた。

今回は、ビスや釘がついたままの廃材をバーナーで強引に焚きつけてというロマンのない2016年シーズンの初火入れだったけど、ほっこりとした、心地良い暖かさと美しい炎を提供してくれた。

resize1168_2016100721535776c.jpg
解体したパレット、廃材を燃料にした

resize1170.jpg
バーナーで強引に焚きつけ

resize1171_2016100722274604f.jpg
サイドローディング扉を少しだけ開けて空気を送ってやると、順調に燃え広がっていく

resize1167_2016100721535423b.jpg
温度が上がってくると触媒が明るいオレンジ色になる(目視確認できるので初心者でも焚き方が判断できる)

resize1166_20161007215353ed8.jpg
青白い炎が立ち上がって綺麗

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1561-4ea2b59e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック