春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
二重断熱煙突はコネクター部分を右回転させることによってロックする仕組みになっている。この状態で、通常は落ちてはこないけど、ロッキングバンドで固定しないと何かの弾みで左回転する方向に緩んで抜け落ちてしまう。特にロッキングバンドを取付ける時に、手で触れて煙突が気づかないうちに回転させてしまうことに要注意だ。そうなると落下事故が発生する。現場の状況によっては大惨事になる。

普通の現場では、右回転させてロックさせた上に、さらにここまでやる必要はないけど、今回は長いチムニー内に上から3本の煙突を入れて、その中間部分で煙突を煙突を支持金物に固定した後に、今度は下から2本の煙突を持ち上げて合体させるという難易度の高い作業だったので、手を放した時に落ちてこないように安全対策を取った。

resize1112_201609301804315b1.jpg
落下事故の防止のために突っ張り棒で下から支えておく

resize1111_2016093018042847a.jpg
この状態で安全対策を取ってから、チムニー中間地点のロッキングバンドを固定する

resize1108_20160930180424146.jpg
チムニー下端(室内天井裏)の支持金具で固定

resize1110_20160930180427bc6.jpg
化粧板を取り付けて室内側へ煙突を貫通させて一次工事完了

resize1109_201609301804275dc.jpg
内装工事(炉台、炉壁の作成)が終わったら薪ストーブを設置する

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1556-1f54847a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック