春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
フラッシング施工は、チムニー作らなくて良いので簡単にサクっと工事が終わるというメリットがある。工期も短いし、低予算なので安易にこの作戦を取りたくなる誘惑に駆られることもある。

しかしフラッシングが野地板(屋根面)から立ち上がってないので、物理的に雨水が回り込みやすい弱点がある。風雨の時に、下から上に吹き上げられて隙間から雨水が入りやすいのだ。

それから、フラッシングと煙突の取り合い部分の防水処理にも問題がある。この部分はコーキングや防水テープで処理するのだけど、これらの部材は寿命がある。10年程度は大丈夫だろうけど、20-30年持つとは思えない。「設置して15年とかで雨漏りするようになってきた」というような話も古いユーザーさんから聞くけど、たいていはこのケースだ。

resize1040.jpg
フラッシングと煙突の取り合い部分は、このように隙間がある

resize1039_20160926160226ebe.jpg
ブチルゴムの両面防水テープで第一次防水処理(ストームカラーの下から吹き上げた水の浸入防止)

resize1038_2016092616022484a.jpg
内側の防水処理した部分の上にストームカラー(水切りの金物)を巻き付ける

resize1037_20160926160223cd7.jpg
このネジの締め付けトルクに要注意(インパクトドライバーできつく締めすぎるとネジが切れる)

resize1036.jpg
ストームカラーと煙突の取り合い部分も防水テープで処理

屋根の下から遠くから見たら、ただの黒いパイプが屋根から抜けていくようにしか見えないけど、実際にはこういうコーキングや防水テープで処理しているだけなので、かならず寿命があり、忘れた頃に雨漏れすることが運命づけられている施工方法なのだ。

この施工方法の場合、煙突掃除の時に定期的に点検して、必要に応じてメンテナンスが必要だということも頭の片隅に入れておこう。

※メトス製の角トップ&チムニーでの施工の場合は物理的に、こういう弱点が存在しないので長期に渡って雨漏れの心配はない。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
角トップ>フラッシング 煙突施工
フラッシングより角トップが良いのが分かりました。

しかしメーカー指定はメトス製を強調しているようではありますが、ヨツール製も角トップなら一緒ですよね。

※印でメトス1社だけを強調しているのがフラットなお考えの川原さんらしくなくて。(笑)
2016/09/30(金) 13:23:21 | URL | うさぎ #yLjmSUGw[ 編集]
Re: 角トップ>フラッシング 煙突施工
うさぎさま:

角トップは、メトス製とトコナメエプコス製は違います。メトスの製品だけがこの構造です。

最近、トコナメエプコスもメトスの真似をして角トップを開発しているという噂はどこかで耳にしましたが、(製品化されているかも含めて)未確認です。

ですから角トップに関しては、確実なメトス製で発注しています。



2016/09/30(金) 17:58:36 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1552-399efa7e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック