春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
先日、これから薪ストーブを導入するということで現場確認してきた古民家だけど、1年前から薪を準備していて、現時点ですでに1シーズン分以上の薪が確保されていた。

これだけ最初から乾燥した薪が確保されていれば、快適な薪ストーブライフは保証されたようなものだ。

イメージだけで薪ストーブを導入したけど、現実に薪集めできなくてほとんど使えないとかオブジェになってしまったみたいなケースもあるようだけど、このように導入前に自分が薪集めできるか、できないのかを認識しておくのは賢い方法だと思う。

resize1022_2016092419140666c.jpg
薪ストーブを設置する場所の反対側の壁面には薪棚を作成

動線も考えて、雨に濡れないで室内から直接薪を家の中の取り込めるようになっている。

resize1023_201609241914084f6.jpg
軒下の雨が当たらない位置に合計2週間分程度の保管場所を確保

resize1024_20160924191409466.jpg
この他にも物置に十分に確保して、納まりきらない分をは家の周りには、廃材利用で制作した薪棚も増殖中

この状態で最初のシーズンを迎えることができるのは、理想的だ。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1549-e59b4552
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック