春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
「いつも傍らにたたずむ愛犬」をイメージして作られた、小型でかわいい岡本の新製品AGNI-HUTTE(アグニ ヒュッテ)が来月10月に発売される予定だ。

これからの高気密高断熱の家だと、パワーの大きな薪ストーブを使うと部屋の中が暑くなりすぎて不快になってしまうので、今後はこのような小型モデルのニーズも増えていくだろう。

薪ストーブの場合は、一般的に言われてるように、大は小を兼ねない。同じ熱量を発生させる場合でも、大き目の薪ストーブをチョロチョロ焚くよりも、小さめの薪ストーブを、きちんと定格で焚いてやる方が効率も良いし、排気もクリーンで、合理的なのだ。

resize0998_20160921140134eb0.jpg

仕様や詳細は岡本のホームページの製品紹介を参照して欲しい。

10月発売予定だけど、その前に予約受付はOKだ。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
焚きつけ
なかなか魅力的なデザインですね!
焚きつけはやはりドア半開で気合が必要ですか?
2016/09/23(金) 09:11:10 | URL | 山口透 #tZEVnSis[ 編集]
山口透さま:

まだ市販モデルの実物には触れてないので判りませんので、実物を見てから、またレポートします。
2016/09/23(金) 09:52:24 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
薪ストーブもガラパゴス現象が…
携帯電話といい、日本の企業が造る製品は、そういう傾向があるのでしょうかね(-_-;)。

ドブレのストーブに、6か国語で注意書きがある(旧ブログ「ドブレ640CB/760CBの天板は二重構造」2010.12.17記事)のと比べて、海外にも売り出そうという姿勢が希薄なような気がするのは、私だけでしょうか?
2016/09/23(金) 13:01:08 | URL | Mr.トリデ #-[ 編集]
Mr.トリデさま:

気のせいではなく、現実にその通りだと思います。

最初から国内のみをターゲットに商品企画しているのだと思います。
2016/09/23(金) 14:55:19 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
オーロラ燃焼
最近は住宅性能がUPしましたね。

大型のAGNI同様、小型でもお得意のオーロラがタップリ見られますと良いですね。

2016/09/24(土) 20:48:25 | URL | うさぎ #yLjmSUGw[ 編集]
うさぎさま:

オーロラ燃焼は普通に見られると思います。
2016/09/24(土) 21:09:27 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
いまいちピンとこないので教えて下さい。
なぜアグニは針葉樹が焚けるのか?(他のストーブも焚けないわけじゃないとは思いますが)メーカーHPを見てもいまいちピンとこないので教えて下さい。
2016/09/26(月) 04:22:43 | URL | ケンジ #-[ 編集]
ケンジさま:

どんな薪ストーブで焚けないわけではないですが、一般的なCBの薪ストーブ、触媒のストーブだと温度が上がりすぎて過剰燃焼でパーツが歪んだりして壊れやすい傾向があります。

それに対してAGNIは常時、触媒でフィルターをかけるような構造なので極端な言い方をすると「ゆっくり燃やす」という傾向があります。そのため、針葉樹オンリーで焚いても温度が上がりにくいということで、壊れにくいというわけです。
2016/09/26(月) 07:26:43 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1545-ee19e566
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック