春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
resize0958.jpg
パっとこの角度から見ると特に問題ないように見えるけど・・・

resize0962.jpg
玄関ホールにゆったりと設置されているバーモントキャスティングの薪ストーブ

年に何回かだけど、風向きが壁面にぶちあたる強い風が吹く日に、煙が煙突に抜けていかないで室内側に逆流してしまって、臭気で大変なことになるという話だった。

壁面に風が当たると、その部分の圧力が高くなる。煙突トップの周辺が高気圧になり室内側は相対的に気圧が低くなり、煙のドラフトによる圧力差よりも強くなると煙を煙突の内部を押し下げて、行き場のなくなった薪ストーブの空気取り入れ口から排気されてしまうというメカニズムだ。

この現象を解決するには軒先よりもかなり高く、そして屋根の勾配の影響を受けないくらいまで伸ばす方法が一般的だ。しかし教科書通りに配管するのは、この環境だと現実的ではない。

resize0961.jpg
建物全体との対比だと、こうなる

四階建てのビルと同じくらいの高さの巨大な鉄骨造りの建物なので、そこまで煙突を伸ばしてしまうと、煙突掃除が不可能になってしまう。トップへアクセスできないと、詰まって全く使えなくなってしまう。陸屋根の普通のビルならば屋上から簡単にアクセスできるけど、このような瓦葺きの巨大な屋根なので安易に伸ばすわけにはいかない。

resize0960.jpg
建物の脇に停まっている軽トラとの対比で建物の大きさが判る

resize0957.jpg
正面からの光景

強制排気システムを採用すれば、この問題は解決するけど、電気を常時必要とするものは使いたくないということだった。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
さっぱり分かりません
某番組風に言えば、

「匠は、この難題をどう解決するのか、皆さんで推理してみてください♪」

といったところでしょうが…

2016/09/21(水) 09:59:15 | URL | Mr.トリデ #-[ 編集]
Mr.トリデさま:

この難題をどう解決するかが問題なのですが、実際に施工しただけでは、すぐに効果が確認できないのですよね。

シーズンに数回しか起きないことですから、一冬使ってもらった後のレポートを待ちたいと思っています。
2016/09/21(水) 10:21:55 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1541-e1d8fa8e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック