春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
昨日、紹介した「裏面から見られる炉壁」だけど、炉台もユニークだ。大胆に広く取っている。

resize0011_20160917094347053.jpg
床下からの外気導入ガラリも取り付けて準備完了

resize0010_20160917094345e4b.jpg
大胆に広く取った炉台

薪の搬入の時に木くずが落ちたり、炉台周りには道具を置いたりと、いくら広くても広過ぎるということはない。薪ストーブを導入する前だと本体のサイズよりちょっと大きめくらいに作ってしまいがちだけど、正面方向には最低700ミリ、横方向もそれ以上で可能な限り広めに設計すると良い。使う前は「大き過ぎる」と感じるかもしれないけど、使いはじめると「良かった」と思うはずだ。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1540-5d2e98f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック