春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
自分で設計、開発した薪ストーブに初めて火が入る瞬間だ。どんな燃焼になるのか、ワクワク、ドキドキ状態だった。「全く燃えなかったらどうしよう?」と不安と期待が入り混じった気持ちで点火した。

まずは屋外で煙突に接続しないで薪ストーブ単体での燃焼テスト。煙突からのドラフトではなく、本体内のヒートライザーのみでの排出能力がどのくらいあるのかの見極めと、煙が漏れたりしないのかの初期トラブルの発見のために、薪の量は少なめで試してみた。思ったより良く燃えた。あまり薪の量を増やすと、ヒートライザーでの排出能力を超えて、不完全燃焼する状態だったけど、素の状態を見極めることができた。

resize0495.jpg

resize0497.jpg

resize0496.jpg

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
おお、火室が大きいので、普通の薪ストーブのように炎も綺麗ですし、燃焼状態も良くわかりそうですね。
2013/03/14(木) 09:41:28 | URL | 山口透 #tZEVnSis[ 編集]
山口透さま:

大量の薪を投入しての長時間燃焼を意図しています。

ロケットストーブでありながら、炎を楽しめるというのも重視しています。
2013/03/14(木) 09:49:25 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
さすがカワハラさん。
通常の単純なロケットストーブとは違い、炎と料理の魅力も伴tっているという欲張りな設計ですね。

ところでロケットストーブの最大の利点は室内で使用する為には①燃焼効率と②排熱回収の仕組みが肝と理解して宜しいのでしょうか?
だとしますと煙突の構造は通常の一般的な立て引きと同じになるのか、横引きにするのかなど興味は尽きません。
薪ストーブの施工費は本体と煙突の合計金額となるので、どうユーザーに訴えるか商品性と市場価格の
兼ね合いで成否に影響すると想像しています。
2013/03/14(木) 10:11:53 | URL | うさぎ #yLjmSUGw[ 編集]
うさぎさま:

おっしゃる通りで燃焼効率が良いのは、今回の試し焚きでも実感しました。素の状態のプロトタイプの一発目で手ごたえがありましたので、今後の改良、開発でさらに良くなると思っています。

煙突については横引きだけの場合だと、ファンで強制的に引っ張ってやればOKだと思います。そういうオプションのアダプターも考えています。
2013/03/14(木) 13:37:37 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
楽しみ
お久しぶりです。
炎と料理が楽しめるロケットストーブとはすばらしいですね。
完成を楽しみにしています。
2013/03/14(木) 17:15:36 | URL | クボタ #Az9vjav6[ 編集]
燃焼室のパイプ
燃焼室上部にパイプがあり口が外に出ていますがこれはなんですか?もしかして水を循環させて床暖房とかに使える様にしているのでしょうか?
2013/03/14(木) 19:03:08 | URL | ほしの #-[ 編集]
クボタさま:

炎と料理の両方が楽しめるというコンセプトで開発していますが、良い感じで進んでいます。

2013/03/15(金) 15:40:10 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
ほしのさま:

ヒートライザー付近へ二次燃焼用の空気のダクトですが、水を循環させるというアイデアも面白いですねぇ。
2013/03/15(金) 15:41:31 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/154-1d703a7c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック