春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
パっと見ると普通のよくあるフラッシング施工に見えるけど、良く観察すると、全ての部分が瓦から立ち上がっていることが判る。

resize0921.jpg
既存の天窓の枠の上に被せる形の特注のフラッシング

resize0920.jpg
天窓の枠を利用して煙突を立ちあげた

この方法だと、煙突工事の際に瓦を剥がす必要がないので、雨仕舞的にも、工期的にも有利だ。

新築する工務店も「煙突を抜くために屋根に穴を開けたい」と言うと「やったことないから」「雨漏れのリスクがある」「現場に自社の下請け以外が入れたくない」などの理由で難色を示すところも多いけど、天窓ならば経験したこともあるケースが多いだろうから比較的受け入れてもらいやすいだろう。

完全に建築工事が終わってから、煙突工事できるので、絡まずに切り分けもしやすいので、新築工事の時に薪ストーブの導入や煙突工事に協力的ではない工務店の場合にはこの作戦もありだと思う。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1537-376f9a97
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック