春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
二階建ての建物で、吹き抜けがないパターンの場合には、薪ストーブを一階に設置する場合には、一階の天井と二階の床の間に煙突を貫通させる必要がある。単純に一枚の板で一階の天井と二階の床ができているわけではない。一階の天井と二階の床は独立していて、その間には空間がある。

いくら化粧板で貫通部分を目隠して見えなくするにしても、この隙間部分を何も処理しないわけにはいかない。単なる見た目上の問題だけでなく、万一の際の煙道火災で煙突の表面温度が上がった際に、隠蔽部分の木部の燃焼速度を少しでも遅くするという意味合いもある。一応補足しておくと、ケイカルがあるからと言って、火災の防止になるわけではないのが現実だ。下記※記事を参照すれば解るけど、ケイカルの裏側で炭化して出火して建物に延焼する。煙道火災にならないように1年に一度煙突掃除するのが基本だ。

※窯業系サイディングでチムニー内の煙突貫通部分の空間と、木骨木部を遮断しているにも関わらず、木部が完全に燃えた実例
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/blog-entry-1400.html

resize0874_20160907132823ea4.jpg
まずは開口位置の墨出し

resize0873_201609071328223b4.jpg
鋸で切って石膏ボードを取り外す

resize0872_20160907133104f83.jpg
開口部分の空間が出てきた

resize0878_20160907132827085.jpg
ケイカル&煙突固定金具用の木下地を入れる

resize0877_201609071328243ff.jpg
4面にケイカル板を打ちつけて完了

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1536-86abe11e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック