春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
チムニーの側面のサッシを開けると、小屋裏からそのまま屋根の裏に出られるようにした。屋根へ二連梯子をかけなくても、安全かつ楽に煙突掃除などのメンテンナンスができる。普通のチムニーの二倍以上のジャンボサイズの「かわはら式チムニー」だ。

resize0839_20160905153138dcb.jpg
サッシを取り付けて、いよいよ外壁材の鈑金を打ち付けていく

resize0835_201609051531320cf.jpg
仕上がるとコーナー材で見えなくなる鈑金の断面部分を観察すると、ハゼ折りで雨が内部に侵入しないようになっている

resize0837_201609051531380f7.jpg
サッシの反対側の裏面

resize0836_2016090515313455e.jpg
角トップ取付け部分を棟側から見た状態

通常の角トップのサイズでそのままチムニーを立ち上げると、人が内部を出入りする時に狭くなってしまうので、一回り大きいサイズにして、角トップを取付ける部分だけ絞って突き出した形になっている。

resize0838_20160905153137a89.jpg
このサッシを通って、小屋裏から直接屋根に出られるようにメンテナンス性を重視して設計したチムニー

小屋裏の採光や、熱気を自然排出する効果も期待できる。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1533-a9501662
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック