春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
resize0775_20160902090306c8c.jpg
薪ストーブがやりたくて建てたお家の中心に設置されたアンコール

高くて迫力のある炉壁が良い感じだけど、炉台の薪ストーブ前面が狭いのがちょっと残念。設計士さんが薪ストーブを使ってないらしく、図面上で薪ストーブが乗るだけのサイズに設定してしまったようだ。前面扉から70センチ程度取っていれば最高。フローリングと炉台がフラットなので大きく取っても邪魔にはならないのだ。ここらへんは、実際に使っているユーザーの設計士でないと提案するのは難しいだろう。導入前に私に相談してくれれば良かった。

家の中心に薪ストーブを配置して吹き抜けから良い感じで家全体に暖気が回る構造になっていた。

resize0730.jpg
煙突上部を化粧板で隠さずに暖気が二階にスムーズに上がる設計になっていた。シーリングファンも有効

煙突の折れ曲がりがなければさらに良かったと思う。

resize0729_2016082620270186f.jpg
茨城県大子町のユーザーだったので、ついでに訪問後に袋田の滝に寄った

resize0728_20160826202659d00.jpg
地元に大子ブルワリーという地ビール醸造所があるらしい

resize0726_201608262026562e1.jpg
お土産にいただいたので、家に帰って冷蔵庫で冷やしてから飲んだ♪

今回はピルスナーとバイツェンのセットだったが、どちらも甘口のやさしい味わいだった。



次回、2年後のメンテナンスで呼んでもらったら、今回のセットには含まれなかった「へレス」を買って帰ろうと思う。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1523-532ffac7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック