春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
「煙突のトップから鳥が薪ストーブに入ってきてしまうので対策して欲しい」という依頼を受けた。

resize0538_2016081115161996d.jpg
炉内には鳥の死骸が複数

resize0537_201608111516170a2.jpg
鶏の糞や羽毛が散乱していて、巣を作っていた様子

resize0539_20160811151620bcc.jpg
隙間の大きいトップ部分の全体に金網をかぶせた

ちなみに、国産の高木工業所の煙突(メトスまたはトコナメエプコス扱い)であれば、最初から鳥が入ってこないようなスリット式のトップになっているので、こういう対策を取らなくても大丈夫なのだ。これから煙突を選ぶことのできる状況の人は、ぜひとも煙突のブランドも指定して、余計なトラブルを回避しよう。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
南無阿弥陀仏
だから、鳥の死骸の写真はマジ勘弁ですってばi-238

こうした事態に遭遇するのもストーブ屋の宿命かと思うと、大変な仕事なんですね。
2016/08/20(土) 12:47:39 | URL | Mr.トリデ #-[ 編集]
Mr.トリデさま:

写真でびっくりさせてしまったかもしれませんね。すいませんでした。

ビビっていると仕事にならないので、淡々と進めました。

国産の高木煙突が普及すれば、こんなことは起きないと思いながらですけどね。
2016/08/20(土) 13:03:11 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1511-2d948f45
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック