春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
resize0462_201608050933098f9.jpg
メンテ前の汚れた天板の裏

resize0465_20160805093313b0e.jpg
煤、灰、錆をワイヤーブラシや刷毛を使って綺麗にした後に5-56で保護

resize0463_20160805093310b33.jpg
炉内も同様に防錆油のスプレーの5-56を噴射して保護

シーズンオフの分解清掃の時に炉内が錆びていてびっくりする人もいると思うけど、現実的には多少は錆びる。あまり気にしないで、ワイヤーブラシで軽く赤さびの粉を落としてやって、刷毛で綺麗にしてから、5-56などの防錆油のスプレーを塗っておけば大丈夫だ。

resize0464_20160805093311368.jpg
組み立て直前の状態

ストーブ表面は5-56ではなく、軽くワイヤーブラシで汚れや錆を落とした後に、ストーブポリッシュを薄くボロ布につけて磨いてやる。



ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1504-71d90e4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック