春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
以前、煙突掃除とダッチウェストFA248のメンテナンスに行った時に、シューリフラクトリーの下に敷くガスケットのみガスケットが摩耗して破損しているのを発見したので、部品を取り寄せた。入荷したので、お客様とタイミングを合わせて、交換に行ってきた。

resize0453_201608050812097c7.jpg
まずは炉底のロストルを取り外してシューリフラクトリーを抑える突起をなくして自由に動くようにする

resize0457_20160805081214629.jpg
シューリフラクトリーを取り外すとボロボロになったガスケットが出てきた

resize0455.jpg
新旧のガスケットを並べてみる

resize0454_20160805081211cf5.jpg
とりあえず所定の位置に当てて様子を確認

このガスケットは非常に脆いので、メンテナンスの時にシューリフラクトリーを取り外すと破けるリスクが高い。2000円くらいのパーツなので、取り外す時には、このガスケットも交換するつもりで先に部品を取り寄せておいた方が良いと思う。

薪ストーブのシーズンに入る前にメンテナスが完了して、いつでも焚ける状態になった。

resize0452_20160805082300368.jpg
真夏のメンテだったので、作業終了後に、お土産の信玄餅アイスをいただいた

resize0456.jpg


ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1502-cd69dee2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック