春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
他店で施工の既存の角トップ内部に断熱材を入れてなかったから入れて欲しいという依頼があった。

resize3962_20160729234206677.jpg
蓋と、ルーバー部分を取り外す

resize3961.jpg
ベースが見えたところ

resize3960.jpg
持参した耐熱温度1200℃のセラミックスーパーウールを敷き込む

resize3959.jpg
角トップ本体のルーバー部分と蓋を戻して完了

これにより「角トップ内部の結露防止」「チムニー内部の温度上昇で煙突の冷却を防止して排気温度維持でドラフト向上」「万一の煙道火災時のチムニー内部への熱の伝わり方の軽減」などの効果が期待できる。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1494-e85337c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック