春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
この秋完成予定の古民家リフォーム現場の内装工事が進んでいき、少しづつ雰囲気が見えてきた。

「かわはら式耐震煙突固定」を思いつく前に依頼を受けた現場だったので、当初はその設計を盛り込まずにいたけど、まだ内装工事が終わる前だったので、まだ十分に変更が効くので導入することにした。内装の漆喰を塗る前に、炉台裏の壁面内に木下地を入れておいてもらうことにした。

下地の位置や向きなどは、薪ストーブの機種、炉台、煙突配管経路によって違うので、一概には言えないが、FLから1400の高さを中心として一辺が400ミリの正方形の木下地が基本だ。この現場は、かなり特殊な煙突の配管経路なので、その基本通りにはいかないので、応用編の裏技で対応することにした。

resize0394_20160728150331a20.jpg
木下地の位置、幅、高さなど実際の煙突開口部分をベースにして現場で指定した

resize0390.jpg
薪ストーブ設置の隣室側の壁面

resize0391.jpg
ここを45°で煙突を折り曲げて、下屋を貫通して大屋根の淵まで立ち上げる

resize0393_20160728145914c9c.jpg
「かわはら式耐震煙突固定」の木下地の位置

resize0392.jpg
炉台周り(基礎の土間コンにアンカー埋め込み予定で、薪ストーブの脚もがっちり固定する)

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1489-0f081dce
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック