春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
煙突掃除の時にトップを取り外すのが基本だ。排気温度が冷えて煤が一番たくさん付着するところだし、室内側からブラシを突いたところで、トップのスリットや網にブラシは物理的に届かないのでいずれ詰まってしまうからだ。

resize0360_201607251421404e2.jpg
煙突トップに煤が集中して付着するので、これを取り外さないと煙突掃除の意味がない

二階の屋根に二連梯子をかけるときには安全対策上、いくつかのコツがある。

一つ目は梯子の角度だ。75°が基本で梯子の側面に水平、垂直を合わせると75°の角度になる表示があるので、それを参考にしよう。角度が急過ぎると梯子が後ろに倒れるし、緩すぎると脚が前に滑ってしまう。

resize0363.jpg
梯子をかけるときに重要なのが角度。きっちりと確認しよう。

二つ目は梯子の固定だ。屋根の上に上がる前に、雨どいの金具などを利用して梯子をきっちり固定しよう。これを怠ると、梯子が横方向に倒れるリスクが高くなる。微風でもけっこう影響を受けるので、少しでも風が吹いている時は梯子を支える人と、登ってロープで縛る人の二人一組で行うことが重要だ。

resize0356_20160725142139358.jpg
屋根に上る前に横風対策、転倒対策でロープで雨どいの金具に固定する

resize0364.jpg
上部をしっかり固定して左右方向に転倒しないことを確認してから屋根に上る

しっかりと梯子が固定できたら、次は靴のチェックだ。サンダルなどは問題外で、普通の靴でもけっこう滑りやすい。慣れないうちはちょっと高級なゴム底の足袋を使うと良いと思う。(安物だとグリップ力が不足してけっこう滑る)そして、梯子に登る直前に履き替えて、底に泥や砂をつけない状態で屋根に上がる。汚れがついていると滑って危険だ。

以上の安全対策を取れば、だいぶ違う。

自分で煙突掃除をする人は参考にして、安全第一で作業してほしい。

高所が怖くて自分でやる自身がない人は、薪ストーブシーズンの直前でなく、夏の時期であれば、ご依頼いただければ対応します。(シーズン直前の秋冬だとご依頼いただいても、すぐには対応できません)

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1486-801bb68d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック