春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
栃木県宇都宮市で「既存住宅に薪ストーブをつけたい」という話があって、打ち合わせしてきた。

前回の訪問の時には、家全体を見ながら、最適と思われる薪ストーブの設置場所と方法を大まかに提案してきた。その時には、まだ具体的な機種が決まっていなかったので、実際の煙突開口の位置まで決められる状況ではなかった。

機種が確定したので、設置位置、煙突の取り出し方向、位置、高さなど実際の煙突配管の経路を割り出していった。ハウスメーカーに壁の内部の筋交いや鉄骨の位置などの情報も出してもらっていたので、煙突貫通部分と干渉しない位置を確認できた。これがあるのと、ないのでは工事当日の穴開けの際のドキドキ感が全然違う。

resize0318_2016071816152527e.jpg
現場で図面を見ながら確認

resize0322_20160718161530eb0.jpg
今回は壁の中の筋交いや鉄骨の配置の情報があったのラッキー

resize0320.jpg
ストーブの原寸サイズで段ボールの型紙を作って実際の場所に置いてみるとイメージがつかみやすい

resize0321_20160718161528d49.jpg
コーナー設置で45°が正面ですっきり納まる予定

丸くて縦型で炎の迫力が楽しめるモダンタイプとなったので、実際に火が入っているのを見るのが、とても楽しみだ。

resize0319.jpg
煙突が立ち上がる外壁部分

この現場は新築に設置ではなく既存住宅への後付け設置だけど、よくある通常の薪ストーブ設置工事ではなく、先日紹介した、「かわはら式耐震煙突固定」を採用することになった。煙突開口だけでなく、耐震補強も同時に行うので、ちょっとだけ工事は大がかりになるけど、安全第一のやり方でいく。
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/blog-entry-1476.html

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1479-50f565c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック