春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
昨シーズン初めて薪ストーブを導入して、その時は薪を購入していたお客様だけど「自分でも薪を作りたい」ということで、斧の注文を受けた。斧は木の柄の高価なものを希望されていたけど、敢えてお客様の言う通りのものではなく、少し休めの価格帯のグラスファイバー製のものをチョイスした。初心者なのでミスヒットして柄が薪に当たると衝撃が伝わって手が痺れるし、柄もダメージを受けて早期に折れてしまう可能性が高いからだ。

サイズや重量もお客様の身長、体重が判っているので、体格に合わせてベストと思われるサイズのものに迷わず決めた。

また、斧だけでは割れずに苦戦して嫌になってしまうこともあるので、くさびを二組も同時に納品した。

そして、ただ配達するだけでなく、実際にお客様の目の前で、やって見せて、なおかつ、お客様にも体験してもらって、実際にレクチャーまで行った。最初に入口の部分で、お手本を見せておくと、イメージもつかみやすいし、遠回りないで薪割りできるようになる。

このように、かわはら薪ストーブ本舗で薪割りグッズを購入するとレクチャーもセットでついてくる。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1478-e36eeec0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック