春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
私が設計、施工した案件であれば「オール二重断熱煙突」で「メンテナス性重視で掃除の時には煙突をバラす必要がない」というようになっているけど、他社施工の物件での煙突掃除の場合には、そうでないケースもけっこうある。

resize0287_20160707141828d2d.jpg
途中からシングル煙突になっていて取り外してバラさないと作業できない

「自分ならこんな工事はしない」と思ったとしても、依頼された目の前の物件の煙突掃除を片づけなければならないので、現場でできる限りのことは行う。

この場合に勢いだけで作業すると後でドツボにハマる。シングル煙突同士の接続は、工事の際にビスで後から開けた穴で止まっている。つまり製品に最初から開けられている穴ではなく適当に現場で穴を開けているので、バラした後の組み立ての際はそれと全く同じ向きに統一して合わせないと組み立ては不可能になる。穴の位置がずれているとビスが入らないのだ。そのため、バラす前にマスキングテープで穴の位置、煙突の順番などの印をつけておく。これにより、掃除の後に組み立てる時に向きや煙突の順番を、容易に元通りに戻すことができるのだ。

resize0288_201607071418300a7.jpg
二番目の煙突にはテープ2つ、三本目はテープ3つで印

resize0289_2016070714183148a.jpg
外してしまうと、マーキングなしだと順番や向きが判らなくなる

resize0290_20160707141833571.jpg
元通りに組み付けてから、煙突を取り付ける

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
さすがですね!!
惜しみなく情報公開。。

当たり前なんだろうけど、結構このやり方ができない自分がここにおります。

皆、そう思っているハズです!!
2016/07/13(水) 19:20:53 | URL | べっち #mQop/nM.[ 編集]
べっちさま:

勢いだけでマーキングしないでバラバラにしてしまって、いざ組み立ての時に途方に暮れるという状況は、良くありそうですよね。

ちょっとした工夫で時間短縮できて合理的です。
2016/07/13(水) 19:44:30 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1473-b8e3fca1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック