春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
今回、札幌市内で訪問させてもらった薪ストーブユーザーは、さすがに私のブログの読者さんだけあって、煙突掃除のことまできちんと配慮した設計になっていた。二階のベランダの側面から、家に固定して常設設置されたアルミの梯子で屋根にアクセスできるようになっていた。これだと安全かつ安心、気軽に煙突掃除ができる。

resize0243.jpg
手すりつきの梯子が屋根まで伸びている

北海道では雪下ろしのために屋根に上ることも、まだ多いだろうから、このような製品の入手も比較的楽だろうし、工務店も取付けにそれほど難色を示さないのだろう。

慣れない本州の工務店だと、製品を探すのも面倒だったり、そもそも固定位置、下地などの確保も最初から配慮してなくて、取付けたくてもできないケースも出てくるだろう。どこにでもつけられるものではないので、煙突同様にあらかじめ家の設計時からリクエストしておかないと手遅れになる。

よく「煙突掃除は室内側からブラシで突けばOK」みたいな説明で、煙突トップへのアクセスを無視した設計にする工務店、設計者、ストーブ店などがあるけど、それは「一時的な工事時の売り上げだけゲットすれば、その後はどうなっても知らない」「手っ取り早くやっつけて売り上げを確保したい」という姿勢の表れなので真に受けないように気をつけよう。トップの雨除け部分、鳥除けの金網やスリットにブラシは全く届かないので、いずれ煤やタールで詰まってしまうのが現実だ。本当にユーザーのことを考えたら、煙突トップへのアクセス経路の確保は最重要課題だ。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1465-403b5c20
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック