春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
今回の北海道行きの第一弾は函館の薪ストーブ店のFIREPIT主催の勉強会だ。ブログで案内されているのを見つけて、開催日に他の予定が入ってないことを確認してから、すぐに申し込んで航空券とホテルを取った。

せっかく北海道に行くのだから、それだけでトンボ帰りするのはもったいないので、他の複数の予定も同時に今回のツアーの中にまとめるようにした。「以前相談に乗って実際に導入した札幌市内の現場の見学」「これから岩見沢市でリフォームして薪ストーブを導入したいという案件のコンサル」そして、薪ストーブとは直接関係ないけど「旭川でのビアフェス」と盛りだくさんの動きとなった。

軽く勉強会のさわりの部分を紹介しよう。高気密高断熱住宅で煙が室内に逆流しないためには、どうすれば良いのかということを、学ぶところだ。

resize0224_2016070223323961f.jpg
微差圧計を使って、室内の換気による負圧が最適なバランスとなるように、吸気口の面積を調整していく実験

感覚や経験だけに頼らず、きちんと理論と計算式と実験に基づいて、測定器を使用しての客観的な裏付けを取ってやられているのは、説得力があって、さすがだと思った。

勉強会の中身、具体的な内容そのものは「ブログやSNSなどでの情報開示は禁止」という約束(※)なので、ここには書くことはできないけど、とても有意義で役に立つものだった。これまで自分がやってきたことの方向性も間違っていなかったことが実感できたし、新たな考え方や視点を身につけることができて、とても有意義なものだった。これからの業務に生かしていきたいと思った。

※断片的なことだけが独り歩きして誤った情報が広がることの防止
※責任を持って対応できる施工側の人間にだけ正しく伝えたい
※ネットで簡単に書けるようなものだったら本家本元の熾壺日記でとっくに書いている



本当に役に立つ知識やノウハウは簡単にネットの情報では得られないし、実際に自分で動いて、人と顔を合わせて、話をすることによってのみ得られるということだ。

resize0225_2016070223493984a.jpg
勉強会の終了後は、札幌に移動して懇親会だ

resize0227_2016070223475180e.jpg

resize0225_20160702234749f48.jpg

resize0226_20160702234750b87.jpg

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
新築での薪ストーブ導入で相談に乗っていただいている岡山の者です。
我が家は超高気密住宅になる予定です。ネットで情報を集めて考えを巡らせていますが、高気密に薪ストーブを導入するにあたり、外気導入の方法など様々な意見が見られます。
今回得られた正しい情報を、我が家へフィードバックしていただけると期待しています‼
2016/07/13(水) 00:10:20 | URL | えっこう #YnugA56A[ 編集]
えっこうさま:

この件、ネット上に公開しないようにというお約束なのでブログには掲載しませんが、導入にあたりコンサルさせていただきます。

住宅の設計にも絡んできますので、早めに24時間換気の計画書のコピーを送ってください。
2016/07/13(水) 07:35:48 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
ありがとうございます。
排気のみダクト式の第一種全熱交換、マーベックス「澄家S」の配管図を送ります。
宜しくお願いします!
2016/07/13(水) 23:17:49 | URL | えっこう #YnugA56A[ 編集]
えっこうさま:

了解しました。お待ちしております。
2016/07/13(水) 23:25:59 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1463-09606719
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック