春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
横型のクラシックタイプの薪ストーブは炉内が広いのでピザを焼くのも楽勝だけど、オシャレでモダンな縦型の薪ストーブでの炉内料理は可能なのだろうか?

炉内が狭いから素材を入れるのも大変だし、このタイプの薪ストーブでの料理はいまひとつイメージからは似合わないけど、その気になれば可能なのだ。コンツーラでピザを焼いた。パリパリで美味しく焼きあがった。

resize0462.jpg

resize0461.jpg


この写真のように物凄い縦に伸びた迫力のある炎でピザを豪快に焼くことができる。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
その気に成れば別でしょうが、タテ型では炉内料理は不釣り合いな雰囲気がありますね。
しかし
縦に火が伸びるのでpizzaには案外と
薪を横置きするクラッシクより理に適っているようにも感じます。アハハ

率直に言えば、見れば見る程美人で、見とれてしまいますので、
見てるだけが最高かもしれない女優のような女房タイプではない憎いストーブですね。

心の底ではこういうのが男としては欲しいのかも!
2013/03/07(木) 18:31:27 | URL | うさぎ #yLjmSUGw[ 編集]
うさぎさま:

美人の女優タイプと思っていたのに、料理も得意という、意外性も魅力すよねぇ。
2013/03/07(木) 20:50:15 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/146-592033b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック