春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
今回の近畿、中部、東海の薪ストーブの旅の最終目的地がここだ。富士山に近い裾野の別荘地の住宅に薪ストーブをつけたいという案件だ。

resize0184.jpg
既に炉壁作成済み、眼鏡石を壁面に埋め込み済み、薪ストーブ搬入済みでやる気マンマンだけど・・・

resize0185.jpg
斜面の上の高い基礎の上の住宅

resize0183.jpg
窓の右下部分に既に眼鏡石が壁面に通してあるのが外部からも判る

resize0182.jpg
ここから煙突を壁面に出して、屋根上に配管したら、どうやって煙突掃除するのだろうと思う

煙突予定部分前に地面が傾斜しているので二連梯子をかけるのも無理だ。樹木の枝や電線があって高所作業車のブームでのアクセスも不可能だ。この状況だと、地上からはるか離れた高いところのエルボ部分の蓋にアクセスするためには、毎回足場を組むなどの困難が待ち受けるだろう。簡単に煙突掃除できないような配管ルートだと煙突が詰まったらアウトだ。

またエルボ部分の上に十分な長さが確保できずドラフトも弱く、煙が室内側に逆流するなど、極めて使い勝手が悪く、薪ストーブを使うのが嫌になってしまうことがやる前から想像がついてしまう。

薪ストーブの使用経験のない人だと「とりあえず屋外に煙突を出せばそれでOK」みたいなノリで軽く考えている人も多いけど、煙突の配管経路や、メンテナンス性はとても重要なのだ。

ここまで準備済みだと、この場所で、そのまま進行してしまいがちだ。しかし、施主さんが最終決定前に疑問を持って私に問い合わせしてくれたので、手遅れになる前に他の設置場所に切り替えるアドバイスができた。

resize0186.jpg
広いウッドデッキのある面の、このコーナー設置で、デッキからチムニーに直接梯子をかけてアクセスできるプランを提案

ストレートで真っすぐな煙突でドラフトも取れるし、煙突掃除も楽に安全にできるので、これだったら快適に薪ストーブライフを送れるだろう。チムニー作成の費用はかかるけれども、1-2回の煙突掃除の足場代ですぐに元は取れるだろう。

今回、施主さんがベトナムからの一時帰国中にタイミングを合わせて訪問したので、お土産にベトナム名産のコーヒーをいただいた。

resize0205.jpg

resize0206_201606281237488ab.jpg

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
ベトナムコーヒーいいですね
お酒も好きですがコーヒーも好きです。煎りたての豆や珍しいものはワクワクします。
そこまで準備された案件に変更のアドバイスをできるところが信頼できるところと感じております。うちはかわはらさんを知る前に他店で設置して、直したいところがいくつもありますね。おぜぜに余裕ができたらお願したいところです。
2016/06/29(水) 22:53:18 | URL | awa2 #-[ 編集]
awa2さま:

ベトナム産のコーヒーは優しく甘く独特な風味ですよね。

長い人生ですから、長期戦で考えていきましょう。
2016/06/29(水) 23:06:15 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1459-f9f657a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック