春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
薪ストーブを導入してから初めてのメンテ。次回からは、ユーザーが自分でやるということだったので、丁寧に指導しながら行った。

このように自分でメンテナンスすることで、薪ストーブの構造や仕組みを学び、より一層理解が深まり、上手に燃やせるようになる。内部での空気の流れのイメージをリアルに感じられるようになる。そして、煤の量や質を自分で直接感じることで、昨シーズンの焚き方や、薪の質を反省して、翌シーズンの使い方に反映していくことができるようになる。

resize0038_201606052032125d5.jpg
天板を取り外すのが基本

resize0037_201606052032114ed.jpg
天板の裏には煤が付着している

resize0036_2016060520321071b.jpg
外に持ち出してから掃除する

resize0039_2016060520321455e.jpg
皮すき、ワイヤーブラシ、刷毛を使って綺麗にする

resize0035_2016060520320701f.jpg
綺麗になったら、最後に5-56などの防錆油のスプレーを吹いて薄く塗る

設置後の取り扱い説明の通りにきちんと焚いてくれていたので、初年度にも関わらず、煙突内の煤の量は「スプーン一杯程度」と非常に優秀だった。煤より灰の方が多いくらいで、写真に撮っても「煤」と判らない感じだった。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1442-bbbecb38
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック