春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
東北、甲信越の薪ストーブの旅の最終日は、新潟での薪ストーブ&煙突入れ替え工事だった。

【期間限定】6月3日まで

この現場の煙突&薪ストーブ入れ替え工事の写真集



resize3673.jpg
ヨツールのデザインをパクったような中国製の鋳物薪ストーブと既存の煙突を撤去

resize3674.jpg
すっきりした炉台

前の薪ストーブの場合には、煙突がストレートだけど、今回のTN20は奥行があるモデルで煙突口元がかなり後ろに行くので、煙突をオフセットさせる必要がある。本当は全部二重断熱煙突に入れ替えたいところで、それを提案したけど、施主さんのコスパ重視の希望でシングル管となった。

resize3675.jpg
今回は煙突ダンパーを中間のエルボ部分に組み込んだ

本来であれば煙突ダンパーはなるべく薪ストーブの口元に近い下の部分に取り付けるのがベストなのだけど、今回はシングル煙突での施工なので、口元部分にスライド管がきて干渉してしまい下部にダンパーを組み込めない。そこで、エルボの折れ曲がり部分の近くに設定した。

resize3665_20160524190432415.jpg
煙突の位置や配置が決定したので、ビスで固定していく

resize3672.jpg
無事に工事完了



ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
ありがとうございました
早速記事に写真を使っていただきありがとうございます。


早く焚いて性能を確認したいと思いますが、この暑さでしばらく先になりますね・・・

今までのストーブの性能がプアだっただけに、違いを実感するのが楽しみです!! またこれからもよろしくお願い致します。
2016/05/25(水) 08:40:44 | URL | カピバラ #bhhZubZs[ 編集]
こちらこそ!
カピバラさま:

普段は自分の作業中の写真というのは撮れないので、こちらこそ、ありがとうございます。

冬になって焚くのが待ち遠しいですね。きっと違いに感動すると思いますよ。

こちらこそ、今後とも、よろしくお願いします。

2016/05/25(水) 08:48:55 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
パシヒックエナジー社の薪ストーブ?
カナダ製で非常にコスパ高いツルーノースでしょうか?

たしか10万円台は性能を考える
(異常に高い他社輸入価格)
と比べ良心的。

東日本はグリんフッド、西日本はひのき家で輸入している奴ですか?
2016/05/26(木) 10:30:49 | URL | 焚き火 #yjwl.vYI[ 編集]
焚き火さま:

その通りです。

他にもHearth & Homeさんでも輸入していて、今回は施主さんはそちらから直接買われました。

私は配達&工事を担当させてもらいました。
2016/05/26(木) 12:05:07 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
こんな鋼板製ストーブもあるんですね。カナダ製というのもあまり聞かないので興味津々です。スペック等調べたら重量も134kgと十分な厚みがありそうです。かわはらさんは焚いたことあるんでしょうか?実際の様子を知りたいですね。
2016/06/02(木) 02:56:15 | URL | 林@野田市 #QOpHv4OI[ 編集]
林@野田市さま:

はい。焚いたこともあります。

実用的でコストパフォーマンスも良く、低予算の案件では有りだと思います。

質感や精度は今一つですが、それは値段を考えたら当然のことだと思います。
2016/06/02(木) 07:31:24 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1424-ee3836d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック