春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
長野の別荘での宴会の翌朝、薪ストーブのおかげで雪化粧で氷点下の屋外にも関わらず、室内の最も薪ストーブから離れたキッチンの辺りでも25℃の常夏状態だった。

広い空間でも薪ストーブ一台で別荘のの中、全体を暖められるほど薪ストーブの威力は大きい。土曜日に到着して日曜日の朝までガンガン焚き続けると、真冬だということを忘れさせてくれる。

resize0449.jpg

resize0448.jpg

resize0450.jpg

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
湿度が気に成りました。
室温25℃でも湿度60%。
我が家では平均23℃位で巡航運転してても30%をきる事が多いのです。

何かで加湿しているのででしょうか?

2013/03/09(土) 18:18:04 | URL | いずみ #x88RZ0SU[ 編集]
いずみさま:

特に加湿しているわけではないですけど、不思議と快適空間ですねぇ。
2013/03/09(土) 18:26:01 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/142-097f0b85
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック