春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
私のことを「クリーンバーン派で触媒機を毛嫌いしている」みたいに受け止めている人も多いみたいだけど、そんなことはない。クリーンバーンも触媒も、それぞれの長所や短所があるので、その特徴を認識して使いこなしていけば良いと思っている。

実際に、こうして触媒機のメンテナンスも行っている。今回の関西ツアーでの一コマだ。

resize3571.jpg
天板を取り外して、触媒を取り出して清掃する

resize3570_20160518235944147.jpg
灰や煤が飛ぶので、屋外で作業している

resize3569_201605182359413cd.jpg
ガスケットロープのセメントが剥がれてロープが取れていたので、溝を清掃して、再び貼り付ける

resize3568_20160518235941912.jpg
煤を落として防錆油を塗って、組み付ける直前の状態

resize3567_2016051823593731d.jpg
二次燃焼室も、きっちりメンテして、梅雨から夏の湿気による錆びや腐食の防止

このように高温多湿な日本の夏を薪ストーブにも乗り切ってもらうために、シーズンが終わったらお手入れしてやることがとても重要だ。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1417-7b96078b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック