春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
静岡県清水区で毎年、煙突掃除の依頼を受けているお家。今回の関西薪ストーブの旅のタイミングに合わせて帰り道に寄らせてもらった。

ここは、建築廃材を中心に焚いている。知り合いの大工さんなどが家まで廃材を持ってきてくれるそうだ。薪を集めに行かなくても、自動的に持ってきてもらえる状況ならば、それもありだろう。

しかし、煤がかなり多く、煙突掃除は大変だった。

resize3561.jpg
トップを外したところ

resize3557.jpg
煙突内の煤を観察すると大量付着

resize3560.jpg
炉内に落として、どっさり回収

resize3558.jpg
炉内も綺麗に掃除して、パーツに防錆スプレーを塗布

resize3559.jpg
部品を組んでいく

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
ドブレ640ですか?

さすがプロの掃除ですね!
ワッフル状の所がすごく綺麗になっていて驚きました。
先日、同じストーブを掃除しましたが
こんなに綺麗にはできませんでした。
水洗いしたくなりました。(しませんけど。)
2016/05/17(火) 10:01:08 | URL | もんも #9zD7mmqs[ 編集]
はじめは真鍮ブラシを動力工具で使っていましたが、この入り組んだ形状が面倒でサンドブラスターを使い始めました。仕上げにシーズニングを施していましたが、手間がかかり過ぎるので現在は耐熱スプレーでオフシーズンを保っています。

それと、つい先日、地元のプレカット工場の見学をしてきたのですが、乾式防腐処理というのを知りまして、見た目には無垢材と変わらない色をしているので、海に貯木される外材はもとより、建築廃材はこういうことを知らずに燃やしていたら良くないんだろうなあと思いました。
2016/05/17(火) 16:23:35 | URL | たんざー #-[ 編集]
もんもさま:

はい。その通りです。

コツがありまして、皮すきを使って粗方落として、その後に、ワイヤーブラシ、歯ブラシ、刷毛と少しづつ柔らかいものに道具を切り替えていけば、簡単に綺麗になりますよ。
2016/05/17(火) 17:42:07 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
たんざーさま:

サンドブラスターを使うと確実ですね。その後、耐熱スプレーをしておけば、シーズンオフの錆びからの保護としては完璧だと思います。

廃材に関しては、天然の木とは違って、色々問題があるケースも多いと思います。
2016/05/17(火) 17:44:33 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
廃材にもいろいろ
どういう廃材だと、こういうススが多くなるか焚いていた実物廃材もみたいですねー

2016/05/17(火) 20:09:27 | URL | うさぎ #yLjmSUGw[ 編集]
うさぎさま:

今回は薪の写真を撮ってきませんでしたが、来年憶えていたら、撮ってきます。
2016/05/17(火) 23:04:51 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1415-8619ca99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック