春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
今回の関西薪ストーブの旅の第一弾の、神戸の新築のログハウスの煙突工事。現場に向かう時から、ずーっと雨で、到着時にも、それなりに降っていた。とりあえず部材や工具を家の中に運び入れて、準備をしつつ、雨が小降りになるタイミングを待った。

resize3461_20160512151040ae0.jpg
現場に到着

resize3462_201605121510418bd.jpg
雨合羽を着て、足場を登って、チムニー部分へのアクセス状況を確認

resize3465.jpg
雨が小降りになったタイミングで速攻で煙突を取り付ける

resize3463_20160512151042c8f.jpg
なんとか本降り前に角トップを取り付けて、一安心

resize3464.jpg
最後に小屋裏内部の煙突を固定して完了

resize3466.jpg
室内側のアクロバティックな足場

屋外の足場が取れてしまったら、煙突工事は極めて困難だ。また、室内側も内装工事で使うための背の高い8尺(2メートル40センチ)の脚立が複数ある建築工事中だから何とかできた。このタイミングだからできた煙突工事で、タイミングを逃したらアウトだった。

この後の煙突工事や薪ストーブ設置工事は、建物の引き渡し後の工事となるが、室内側も今のように脚立がない状況だろうから、それなりの対策を考える必要がある。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1412-4105e666
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック