春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
薪棚へ、薪を二列積む時に、スペースの関係で、みっちりと隙間なく詰め込んでしまいがちだ。でも、そうすると内側の薪と薪が重なった部分の通気が悪くなって、乾燥するのにかなり不利になる。

resize3371_201605051057102ec.jpg
薪棚を二列の間隔を空けて、空気が流れるように配置

resize3373.jpg
前後の薪の間に風が流れて、乾燥するのに有利だ

resize3372_20160505105712747.jpg
このタイプの足だと地面のレベル差を吸収、調整して薪棚の水平を取りやすい

resize3404.jpg
全く違うタイプの、この薪棚でも通気層を確保して積んである

resize3405.jpg
三角形の組み合わせのため、最低限の材料で作れる薪棚

このように、薪棚には単純に大量に突っ込めば良いというのではなく、いかに風を通して感想させるかということが重要なポイントになる。薪の乾燥を甘くみてはいけない。薪ストーブを快適に使うためには、一番大事なポイントだ。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1406-5b9ceaae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック