春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
煙突掃除の際に、煙突を取り外さなくても済むので、室内に煤が漏れて汚れることがない。天板も、煙突を取外さなくても、持ち上げて分解できるので、炉内のメンテナンスも楽に確実にできる。

resize3367.jpg
煙突を取り外すことなく、簡単に分解メンテできる

resize3365_20160505101658dfa.jpg
炉内のパーツを取り外し、灰や煤を撤去して、ワイヤーブラシや刷毛で綺麗にする

resize3366.jpg
最後に5-56などの防錆油スプレーを炉内の鉄部に噴射して塗布する

シーズン終了後のメンテナンスにより、梅雨や夏場の湿気から薪ストーブの炉内を錆びや腐食から守ることになる。煙突掃除と併せて、今のうちに行っておきたい作業だ。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1404-339fbed8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック