春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
resize3346_201605021708302a6.jpg
薪を運ぶ時に一輪車で泥の部分からコンクリート部分へ上がった際のタイヤについた泥が付着する

resize3347_201605021708290cc.jpg
プロセッサー周りで発生した木屑や泥の痕跡

山や土の現場ならともかく、まだ完成したばかりの綺麗な洗い出しの仕上げの駐車場なので、ちょっとした汚れでも、すごく目立ってしまう。まして、こういう泥や木屑のの汚れは放置できない。木屑からしみ出したヤニやアクで染みがついてしまったら、大変だ。

養生はしてあっても、木屑や泥が積み上げられた状態で雨に降られると、このようにブルーシートの継ぎ目からしみ出してしまう。木屑が大量発生する部分を中心に、かなり大きめのブルーシートを複数つかい、なおかつ十分な重ね代で、駐車場のコンクリート部分を全部覆ってしまうだけの十分な養生をする必要があることが判明した。(これは次回の課題だ)

resize3350_20160502170831230.jpg
普通にホースで水をかけて「デッキブラシ」→「スポンジ」を使って粗方の汚れを落とした後に、高圧洗浄機の水圧を弱めにして、汚れを洗い流した。

洗い出しの仕上げ表面なので、あまり強く高圧洗浄機を当ててしまうと、小石が剥がれ飛んでしまうので、十分に気をつけて作業した。

resize3349_2016050217083031c.jpg
泥でのタイヤの跡が落ちて綺麗になった状態

resize3348_20160502170829d8c.jpg
泥や木くずの漏れた場所の作業後の状態

まだ良く見ると、薄っすらと泥や土の痕跡が微妙に観察できるけど、これ以上強くやってしまうと、今度は逆に仕上げ面を痛めてしまう。このくらいであれば、雨風や日光の暴露での経年劣化、風化で1か月程度で、ほぼ判らなくなるだろうという線にとどめておいた。

純粋な清掃作業だけで、丸一日かかってしまった。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1402-8d85cc52
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック