春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
先日、薪プロセッサーで作業した現場は、薪の作成よりも、実はその後の清掃の方が大変だった。木屑が、石の間に入ってしまって、結局コンプレッサーを持ち込んで、石を全部どかして、吹き飛ばさざるを得ない状況だった。

養生した位置よりも、かなり広範囲に木屑が飛び散ってしまったのだ。ベルトコンベヤーから薪が落ちる周辺だけでなく、敷地全部を覆うくらいの勢いで厳密に養生しないと、後が大変だということを身をもって味わった。

resize3344_20160502165737da0.jpg
木屑が石の中に入ってしまって、とても手では回収できない状況になってしまった

resize3342.jpg
石の下の溝の底の方まで細かい木屑が落ちてしまっていた

resize3345_2016050216573548d.jpg
石をどかして、コンプレッサーの高圧空気で木屑を吹き飛ばす

resize3343_2016050216573424c.jpg
作業後、綺麗になった部分

resize3341.jpg
けっこうな長さの処理なので、腰も痛くなるし、疲れた(この作業だけで2時間コース)

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1401-a404963d
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック