春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
回収してきたビンテージ薪を試しに焚いてみた。乾燥期間約100年のものだ。

凄い!あっという間に炎が回って、煙もほとんど出ない!そして妖艶な青白い炎で燃えてくれた。

ビンテージ薪をくべる

炎が全体にすぐ回る

妖艶な青い炎を上げて燃える

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
移行おつかれさまです!
100年ものを焚くというのはすごいことだと思いました。
10年ものくらいなら自分で作って焚くこともありえますが,100年ものは先人が残してくれたものしかないですからねー。
今ある残すべき文化と同じく,先人からの恩恵を直に感じ取れるのは素晴らしいひとときかと^-^
ところで,yahooブログのほうはもちろん“書庫”として残されますよね?
見れなくなったらあまりにもったいないというか悲しいというか…
2012/10/31(水) 12:39:06 | URL | ttb #akpbNWOI[ 編集]
ありがとうございます
ttbさま:

おっしゃる通りです。回収しなかったら、産廃として処分場の持ち込まれてしまうことになったので、薪の運命は同じ燃やされるでも全然違いますよね。ありがたく、歴史を感じつつ焚かせてもらっています。

ヤフーブログの方も削除してしまうのはもったいないので、当分の間は残しておこうと思っています。
2012/10/31(水) 17:01:24 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/14-f63df38c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック