春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
お客様からの依頼で、単管パイプを組み合わせて、高さ2メートル×奥行2メートル×間口3メートルの小屋を作った。単管パイクのジョイント部材は屋根の垂木固定用のパーツもあるので、サクサクと簡単にできる。

自家用の薪棚は、ありあわせの廃材利用で、四苦八苦して騙しだまし作っているけど、お客様のものは新品を適材適所で使えるので、快適で作業も早い。

resize3294.jpg
屋根材のポリカ波板を打ち付ける準備

resize3292.jpg
波板に下穴を開ける治具があると楽ちん

resize3291.jpg
波板を固定して完成

resize3290_20160426234144e56.jpg
12立米の空間なので、薪をがっつり積み込めば6トンで1シーズン分になる

単管で骨組みを作って、垂木と波板で屋根を作るのが手っ取り早く、比較的安あがりの薪棚の一つだけど、見栄えがイマイチな感じではある。見た目より機能を優先する派には良いと思う。

このように、家の掃き出し窓から、雨降りの日も全く濡れないで1シーズン分の薪が取り入れられるというのも、かなり便利だと思う。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
お値段
単管パイプ+接続部材って、意外と高いんですよねー
でも具体的にいくらなのか判らないので
差し支えなければ、今回の薪棚の寸法とお値段を知りたいです人(´▽`)
2016/04/27(水) 16:59:01 | URL | おぼう #akpbNWOI[ 編集]
おぼうさま:

今回は材料は施主支給だったので、私は認識していません。
2016/04/28(木) 07:50:30 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1395-9687f26f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック