春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
ログハウスの場合は勾配のきつい屋根となるケースが多い。その場合、煙突掃除で煙突トップへのアクセスが問題となる。よく「室内側から上へブラシを突けばOK」みたいな言い方で説明している人もいるけど、煙突の筒の中は掃除できても、一番煤の溜まるトップ(傘)の部分の煤は除去できないので、最終的には詰まってしまう。根本的には、屋根の上の登ってトップを取り外して掃除しないとダメなのだ。

急勾配の屋根を登っていくのはかなり大変だ。

設計時に煙突掃除しやすい配慮をしておいた方が良いと思う。煙突にアクセスできるようにドーマー部分を緩い勾配の屋根にして天窓から屋根に上がれるようにしておけば、比較的安全に煙突トップへアクセスできる。ログハウスの場合には、この仕様をお勧めしたい。

resize3256_2016042220052164b.jpg

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1391-5f999b9f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック