春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
薪割りしていて、疲れてくると、だんだん割るのがおっくうになってきて、太めの薪になりがちだ。

太い薪は表面積を確保できないので、何よりも乾燥しにくいし、仮に期間を置いて十分に乾燥したとしても、炉内でいい感じに組んで燃やしにくい。ボコボコ置くだけになりがちで燃焼効率が悪くなる。同じ容量の薪だったら無理やり置いた2本にするよりも、3本にして組んで炉内で燃やした方が断然効率が良い。「太い方が長持ちする」という誤解がはびこっているけど、実際には逆だ。太い方が空気をより多く送ってやらないと燃えないので、かえって燃費は悪くなる。細目の薪を組んだ方が空気を絞れるので、実は燃費が良い。薪の燃焼時間は重量で決まってくるのだ。

そういうわけで、適切な太さで作成することをお勧めする。最適な太さの目安は500mlのペットボトルくらいだ。断面もそのその形に近い正方形がベストだ。長細い長方形や板状、半月状は炎を遮ってしまいがちなのでイマイチだ。ペットボトルがない場合には自分の腕のサイズを目安にしよう。メジャーがあれば一辺8センチ程度の正方形に近い形ということになるけど、薪割りに現場にメジャーがなくても手元にあるもの、自分の身体などを定規代わりに使えば、疲れてきて感覚が鈍ってきても修正できる。

resize3111.jpg
適正サイズの太さはペットボトルの直径くらい

resize3110_201604052352393fa.jpg
疲れてくると、こういう太いものを作ってしまいがちなので要注意

同様に、チェーンソーで玉切りする際も、直径の太い木だとそれに引っ張られて長めに切ってしまいがちだ。切る前にチェーンソーのガイドバーを定規代わりにすると、ほぼ一定の長さで切れる。ちなみに長さは35センチ程度が、多くの中型の薪ストーブに場合に適している。あまり長いと炉内で自由に組めなくなるので、お勧めしない。

それから長さについても厳密に揃えなければならないわけではない。多少短めのものがあった方が炉内で組みやすいし、焚付けの際などにも使いやすい。誤差を気にして神経質になる必要はない。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
その通りと思います
全くおっしゃる通りだと思います。
本当にペットボトルの太さがいいですよねー!!
自分は45cmの薪にしていますが、貰い木は半端が出るので、そういうクズ薪と組み合わせて焚いています!!
2016/04/11(月) 12:24:30 | URL | 薪 焚太郎 #JalddpaA[ 編集]
薪焚太郎さま:

ご賛同しただきまして、ありがとうございます。

F500だと45センチでも楽勝ですね。でも短めもそれなりに重宝しますよね。クズ薪なんて呼んだら、かわいそうです。
2016/04/11(月) 18:59:32 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
はじめまして!
花見の会でご一緒させて頂く、えーです。
ストーブ歴4年のヒヨッコですので色々教えて頂ければ幸いです。

触媒デファイアントユーザーなのですが、薪作り初年度は、長い方が炉内を最大限活用出来て良いだろうと思い、60cmの薪を作りましたが、割るのは大変、乾燥はしにくいで大変な思いをしました(汗)

何事も経験してみないと解りませんが、このような記事はユーザー(特に初心者)の助けになりますよね!

お話出来るの楽しみにしています!
2016/04/12(火) 22:32:06 | URL | えー #JPG8Eu66[ 編集]
えーさま:

コメントありがとうございます。

ストーブ歴4年ともなれば、ヒヨっ子ではなく、中堅どころだと思いますよ。何事も経験の積み重ねですよね。

慣れてくると当たり前になってしまうことですが、新規ユーザーのために時々こうして情報発信しています。

私もお会いできるのを楽しみにしています。よろしくお願いします。
2016/04/12(火) 22:47:15 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
>クズ薪なんて呼んだら、かわいそうです。
あはは!そうですね。気をつけます!!!
2016/04/14(木) 07:03:02 | URL | 薪 焚太郎 #JalddpaA[ 編集]
薪焚太郎さま:

適材適所で生かしてあげるのが良いですよね。
2016/04/14(木) 09:55:55 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1378-82fb6070
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック