春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
よくある誤解の一つに薪の乾燥期間がある。「最低1年、2年が理想」と言われているが、その期間をどう考えるのだろう。

玉の状態や原木の状態で積んでおいても、それは乾燥期間にはカウントされない。樹木の表皮の部分からは水分が蒸発してくれない。割ってから、はじめて乾燥がスタートするので、このままの状態で安心しては駄目なのだ。

resize3084.jpg
回収してきた玉(原木)の状態で置いておいても薪にはならない

この状態で放置しておくと、時間の経過とともに切り口が硬くなって割りにくくなっていくので、早めに割ることをお勧めする。

resize3092_2016040512510899b.jpg

resize3091_201604051251072d9.jpg

resize3090_20160405125105f6f.jpg

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1372-bb599f05
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック