春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
薪ストーブの炉内で料理する時は、素材に合わせた適切な熾火の量を作ることが重要なポイントだ。量が多過ぎて温度が高すぎると、表面が焦げてしまっても中に火が通ってないということになる。逆に、少な過ぎて温度が低いと時間がかかり過ぎる。調理の時間から逆算して、その時間に最適な熾火になるように、その前の薪の投入を調整する。

熾火の量が調整きかない場合には、五徳の高さで調整したり、スキレットをヒートシールド代わりにしたりするなどのテクニックを駆使して、適切な熱量を素材に加えるようにする。そこらへんの加減は、何度か失敗して身をもって経験すると、だんだん理解できると思う。

resize2656_2016021418385212b.jpg
北海道産の美味しい牡蠣を、取り寄せてもらった

resize2657_20160214184029b57.jpg
生でも美味しくいただいたけど・・・

resize2653_201602141837517f9.jpg
この時期ならではの炉内調理でいただく

resize2652_20160214183748b4c.jpg
刻みニンニクとバターとのコラボで絶品

resize2658_20160214184234599.jpg
料理の後は、ガツンと焚いて、炎をみながら、料理をいただく


残り少ない薪ストーブシーズンを目一杯楽しもう🎵

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1322-423687ca
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック