春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
ログラックを利用すると2×4の木材を使って手軽に簡単に組み立てられる。一番難しい柱を立てる部分の作業がワンタッチでできるので、一人でも楽勝だ。

resize2575_201602051648204fe.jpg
よくあるパターンで2スパンを横に並べるのではなく、このように縦に並べると3スパン分の積載量となる

同じ金額で収納量が1.5倍になるので、置き場のスペースが確保できる場合には合理的だ。

基礎のコンクリートブロックも横に寝かせている人が多いけど高さが確保できない。地面から300ミリくらいは浮かせたいので、縦置きにした。

resize2578.jpg
真ん中に積むところの桁も追加する

単純にラックに入れた桁にL字にビスで打って固定しただけだと、薪の荷重に耐えられないので、この部分だけはラックとは別途の独立した基礎で支える

resize2574_201602051648540ce.jpg
ラックの上の2×6材と2×4材を固定して傾斜を作る

resize2577.jpg
屋根の波板を受ける枠を地面で作成

resize2576.jpg
傾斜の上に枠を乗せて固定する

よくあるパターンの薪棚だと、収納スペースぎりぎりの屋根で設計しがちだけどそれだと雨の吹き込みがけっこう多いので、左右、上下方向ともに300ミリの軒を出す設計にした。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
ラックの下の地面にマルチを敷けば
湿気と雑草を押さえることが出来ます。

マルチは安いからお手軽です。
2016/02/06(土) 08:34:21 | URL | yas #-[ 編集]
yasさま:

アドバイスありがとうございます。

今度、現場に行く時にやってみます。
2016/02/06(土) 14:10:46 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1313-2264f847
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック