春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
通常の角トップのサイズに合わせて作ったチムニーの場合には、L型のインナーサポートという金具を使って煙突を固定する。これはチムニー内部の上部の壁面が平面でなおかつ木の下地がある場合に使うものだ。

resize2531.jpg
(他の現場の)一般的なサイズのチムニーの場合の煙突固定方法

しかし、今回は一般的なサイズとは比較にならないほどの巨大チムニーだったので、内部の空間も大き過ぎて、インナーサポートをチムニーの内壁面に取り付けると、煙突の芯の位置が合わなくなってしまう。そこで、フラッシング施工の場合に野地板に煙突を取り付ける金具を流用した。

resize2530.jpg
金具の羽根のサイズに合わせて、枠に切り欠きを入れて厚みを吸収

resize2529_201601262320363a4.jpg
煙突の上部に金具を取り付けて、煙突を落とし込んで、枠にハメる

resize2528_2016012623203468f.jpg
いつもと違う固定方法でちょっと新鮮

resize2532.jpg
この上に角トップのベースを固定

この後は、いつものようにベースの上にセラミックスーパーウールの断熱材を敷き込んで、角トップ本体を乗せて、蓋を取り付けてサクっと完了した。

resize2552_20160130221304139.jpg
断熱材を角トップベースと、本体の間に埋め込んで、結露防止&万一の煙道火災時のチムニー内部の保護

resize2553_20160130221306c61.jpg
角トップ本体をベースに取り付けて、最後に防風板付きの蓋をかぶせて完了

resize2554.jpg
巨大チムニーの完成



ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1307-51cd1f91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック