春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
resize2188_20151223183235977.jpg
耕木社の阿保さん建築の住宅に設置したAGNIの火入れの際にとりあえず持っていったアクセサリー類

薪ストーブを使用するにあたって、持っていた方が良いアクセサリーとして、皮手袋、トング、十能、刷毛などが挙げられる。ちなみにトングは一つではなく、二つあった方が便利だ。五徳を取り出す時、金網をひっくり返す時などには両手で持って使うと楽だし、落ちてきた薪を戻す場合にも、一本で抑えて、もう一本で奥まで押し込んでというように確実に安全に作業できる。最初のうちは薪ストーブカタログに出ているような高価なものではなく、近くのホームセンターで簡単に入手できる安いものを利用して、必要に応じてグレードアップしていくのが良いと思う。(グレードアップしないでもホームセンターのもので十分と気づく人もいるだろう)

一般的な薪ストーブの場合には草焼きバーナーまでは必要ないけど、AGNIに関しては用意しておいた方が良いと思う。

お勧めはこれだ。普通のカセットコンロ用のボンベが使えて交換の際にもローコストだし、ノズルが長いので、サイドローディング扉から薪の位置まで突っ込んで、点火できるので、とても扱いやすい。一般的な形状のボンベとノズルが一体化しているガストーチだと炉内に突っ込んでの焚付の際に扱いにくい。AGNIはフロント扉を開くと煙が室内に出てきやすいので、フロント扉を開いてバーナーでという使い方もイマイチなのだ。この草焼きバーナーだと快適に焚付けできる。



AGNIの場合は一次燃焼用の空気の供給口が、高温での安定燃焼時に最適化されていて調整できない仕様なのだ。そのため、焚付け時には、下から吹き上げる空気が不足する。

resize2266_201601020953012db.jpg
炉の前面の下にある、一次空気の流入口

resize2265.jpg
わずか数ミリの丸穴で、安定燃焼時の最低必要量に最適化した固定で調整不可

さらに排気の切り替えダンパーがない構造で、触媒を常に排気が通過する形になるので、排気抵抗が高く、炉内温度が低い時には煙がスムーズに煙突に抜けていかない。

これはフールプルーフの設計思想で、誤った使い方で壊せないようになっているためだ。一次空気を調整できるようしたり、排気ダンパーで経路の切り替えができるような設計にすると、乾燥不足の薪を一次空気全開で強引に燃やして、温度が上がってからも閉め忘れて、過燃焼でバッフルが熱で歪んで曲がったり、ダンパーが開閉できなくなる故障の原因となる。きちんと使いこなせる人ばかりとは限らないから、物理的に誤った使い方ができないような安全方向での設計となっているのだ。そのため、AGNIは焚付時の立ち上がり特性が犠牲になっている。

「一次空気も少ない」「排気も常に触媒で排気抵抗がある」という二重苦なので、AGNIを快適に焚きつけるには、草焼きバーナーで強引に一気に燃やすのがベストだ。色々とやってみた結論として、AGNIの場合は、ストイックに「マッチ一本で」などとは最初から考えない方が良い。

※AGNIではない一般的な薪ストーブの場合には、草焼きバーナーは必ずしも必要ないけれども、住宅地で焚付けの失敗が許されないような環境の場合には保険の意味合いで持っているのも良いと思う。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
ある程度,文明の利器も認めなければ.
あけましておめでとうございます.
今までは,徳用マッチで着火していたのですが,昨年からそれにこだわる明確な理由が無いと思えてきて,今シーズンから,高カロリー仕様のガスバーナーで着火しています.正しく使用すれば,マッチやライターより安全で,デメリットが見つからない気がしています.
2016/01/05(火) 10:46:19 | URL | てんにょ #ddsr688U[ 編集]
謹賀新年
明けましておめでとうございます。
今年も貴重な薪ストーブ情報を読ませていただきます。
AGNIの一次燃焼用の空気穴があまりにも小さいのには驚きました。初心者には最初の火付が難しいでしょうね。
2016/01/05(火) 11:39:09 | URL | クボタ #TQca9Ju6[ 編集]
てんにょさま:

あけまして、おめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

マッチ一本でストイックな点火もかっこ良いと思います。この場合は細かな焚付けの準備なども含めて、テクニックも必要になってきます。

それができる上でのガスバーナーの使用もありかと思います。ガスバーナーしかできないのは、あまりかっこ良いとは言えないと思います。
2016/01/05(火) 20:20:42 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
クボタさま:

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

おっしゃる通り、AGNIは焚付けはちょっと難しい機種です。ガスバーナーで強引に焚付しちゃうのが一番だと思います。
2016/01/05(火) 20:22:15 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
バーナー
細い焚き付けが無い時には

特に利用してまーす。

着火剤よりローコストかなー?

2016/01/05(火) 22:00:47 | URL | 薪よう子 #yLjmSUGw[ 編集]
薪よう子さま:

おっしゃる通り、着火剤よりローコストかつ、圧倒的な熱量と早い立ち上がりで、合理的だと思います。
2016/01/05(火) 22:24:25 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1277-870bc185
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック