春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
国産の鋳物の薪ストーブAGNIは、非常に分解性、メンテナンス性に優れている。合理的な構造で、無理なく簡単にバラせる仕組みだ。当然、バラバラにすれば軽量化されるので、設置時の搬入性も優れているということになる。

resize2159_20151223150440475.jpg
現場でも簡単に、これだけのパーツにバラせるので相当軽量化して搬入できる

resize2160_201512231504419bb.jpg
計測したわけではないけど、本体重量200キロが、半分くらいまで減量するのではないかと思われる

resize2156_201512231504354ef.jpg
サイドローディング扉はヒンジの軸に上からはめ込むだけのシンプルな構造

resize2158_20151223150438a38.jpg
正面の扉もサイドローディング扉と同様にヒンジにハメ込むだけでワンタッチで装着

resize2157_2015122315043748f.jpg
側面の板は、下側の突起をひっかけて乗せてから、上部を二本の13ミリの六角ボルトで本体に固定

ちなみに、この固定のためのボルトは直接、炎が当たって高温になる炉内ではない外側の場所に設定されているので、熱で固着して、外せなくなるようなことは起きにくいだろう。

天板を乗せてしまうと、扉が装着できなくなってしまうので、忘れれないように先にこれらのパーツを取り付けてしまった方が良いと思う。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1269-822d1940
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック