春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
先日、高槻での煙突工事&薪ストーブ設置工事の終了後に、施主さんから地元の日本酒をいただいた。創業159年の老舗の酒蔵で、その年月がそのまま商品名になっている。

どうせ飲むなら、薪ストーブの炎を眺めながらにしようと、とりあえず火を入れた。いつもの上から着火方式ではなく、今回はキャンプファイヤーのようにヤグラのように真四角かつ、短めの薪を井桁に組んで、下と中に細い焚付け薪を置いて、下から火をつけた。中に炎が立ち上って、なかなか面白い燃え方だった。

resize2134.jpg
まずは薪ストーブに火を入れて・・・・

resize2133.jpg
炎の前で美味しくいただた

工事は大変だったけど、その分だけ充実感も大きかった。その思い出をしみじみと味わいながらのお酒はとても美味しかった。

日本酒と、日本製の薪ストーブのコラボも、なかなか良いものだと思った。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
先を越された~
やぐら組、ロケット式と同じく、煙突効果を利用した合理的な焚き付けだと思います。

私は、少ない木っ端で簡単に炎が上がるので、焚き付け部分をこの方法で行なうことが増えました。(着火方式はうえから着火です)

いずれ記事にしようと思っていたので、先を越されてしまいました。

2015/12/23(水) 09:00:21 | URL | ゆで落花生 #mQop/nM.[ 編集]
AGNI焚きつけ
この場合もサイドドアから空気必要ですか?
2015/12/23(水) 09:15:56 | URL | 山口透 #tZEVnSis[ 編集]
ゆで落花生さま:

おっしゃる通り、ロケット式と似ていますよね。なおかつ内側だけでなく、外側にも炎が早く回り温度上昇が早いというメリットも出てきますね。

記事にするタイミングの違いだけで、似たようなことを考えて、実行していますねぇ。
2015/12/23(水) 09:45:04 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
山口透さま:

AGNIの場合は、焚付の場合は、いかなる方法でも、サイド扉を若干開く必要があります。

誰がどう扱っても壊れないようにという思想の設計上、一次空気が大量に入らないようになっています。

個人的には一次空気を調整できる仕様が好きですけど、それだと乾燥不足で燃えない木を一次空気全開で燃やして、そのまま閉め忘れてバッフル破損というパターンになりがちなので、そういうフールプルーフの設計になっています。
2015/12/23(水) 09:48:40 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
お酒愉しんで頂けたようで良かったです
県外から来るお客さんに渡す地元のオススメを、と酒屋さんに選んで頂きましたが、お口に合ったようで良かったです。

Facebookでも拝見しましたが、AGNIかっこいいですね。

天板コンロ2連発も羨ましい。

暖房能力高そうですが、結構広めの家用なんでしょうね。

最近小ちゃいの出たみたいですけど。
2015/12/23(水) 14:24:35 | URL | 02 #2kOZpjCo[ 編集]
02さま:

美味しく堪能させていただきました。ありがとうございます。

AGNI-CCという小型モデルも出ましたけど、それでもけっこう広めの家用です。小さめの家には小型薪ストーブの方が相性良いです。
2015/12/23(水) 14:30:56 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
なるほど。
新型も小型じゃないんですね。

ありがとうございます。
2015/12/23(水) 16:20:54 | URL | 02 #-[ 編集]
和食と薪ストーブ料理
日本酒も暖炉と合います!

今なら冬の魚なら何でもウマいし
帆立てや牡蠣殻付にお醤油たらせば
もう最高。

若い人はお好みでバターとか。
2015/12/23(水) 17:30:57 | URL | 楢 #yLjmSUGw[ 編集]
02さま:

AGNI-CCは分類的には中型になると思います。ビンテージでいえば50クラスですねぇ。
2015/12/23(水) 17:56:35 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
楢さま:

殻付きの牡蠣を、薪ストーブでと考えただけでもよだれが出てきそうです。
2015/12/23(水) 17:57:58 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
そんな大きいんですか
価格も同じくらいですね。

・ヴィンテージ50 46万
・AGNI CC 48万

次回延べ床200坪くらいの大豪邸を建てるときにはAgniとハンター両方入れたいと思います。

3台くらいあればいいかな?
2015/12/23(水) 19:25:44 | URL | 02 #2kOZpjCo[ 編集]
02さま:

延べ床200坪の大豪邸だったら、また別の提案があります。

とりあえず一台は、ドブレ2180CBCCを入れさせて下さい。
http://www.metos.co.jp/products/kamin/builtin/dovre/dovre2180.html

その他の機種は、その時に考えましょう。
2015/12/23(水) 20:15:58 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
承知しました
ご提案頂いたプラン、採用させて頂きます。

22時まで空いている100均がありますので、取り急ぎ30万円たまる500円玉貯金箱10個買ってきます。

宜しくお願いいたします。
2015/12/23(水) 20:39:41 | URL | 02 #2kOZpjCo[ 編集]
02さま:

将来を楽しみにしています🎵
2015/12/23(水) 20:42:43 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
来世か再来世になると思いますが、宜しくお願いいたします。
2015/12/23(水) 20:57:00 | URL | 02 #-[ 編集]
02さま:

先のことは判りませんが、来世でも再来世でも、再びめぐりあえたら良いですね。
2015/12/23(水) 21:15:08 | URL | かわはら #-[ 編集]
焚きつけ
やぐら組と逆に、前方以外閉じてしまう感じで、着火部分に集中させるのはどうでしょう?
AGNIなら、ガラス吹き下ろし+サイドドア前方からの空気狙いで、右斜め位を開く薪組で。巧く行けば、サイドドア使わなくても行けるかも。
 以下の動画はそれとも少し違いますが、排気ダンパ半開でも着火します。4分位からご覧下さい。
https://www.youtube.com/watch?v=0KXXepdjfE0
2015/12/24(木) 08:59:22 | URL | 山口透 #tZEVnSis[ 編集]
山口透さま:

AGNIの場合はサイドローディング扉を使わないと、絶対的な空気量が不足します。どう頑張っても無理です。
2015/12/24(木) 14:22:32 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
いつもそうしてます
私はいつもその「ヤグラ組み」式で焚き付けしてますよー(・∀・)ノ

一番下のに短いを前後方向(手前~奥の向き)に置いて、
炉内のてっぺんまで積んでドアを閉めれば放っておいても
天板(の熱いところ)300℃オーバーです。
※一番下のを置くときに灰のトンネルを左右に掘っておくのも効果ありです※

「上から着火」は木っ端がポロポロ落ちると失敗しちゃいますので、
この方法が好きです。
2015/12/24(木) 17:09:05 | URL | おぼう #akpbNWOI[ 編集]
いやいや、ガラス吹き下ろし+サイドドア前方からの空気でです。
2015/12/24(木) 18:12:02 | URL | 山口透 #tZEVnSis[ 編集]
山口透さま:

エアカーテンのガラス吹きおろしのエアーの供給は焚付時にはほぼゼロに等しいです。

基本、サイドドアを開かないと焚付は難しいです。
2015/12/24(木) 19:13:11 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
いやいや、だから、+サイドドア前方からの空気 も利用してそれを集中させるという話です。
+サイドドアと書いています。
火炎が吹き上がるので、一旦そうなれば、やぐら組より早くガラス吹きおろしが呼び込まれるだろうという事です。
こちらは元々着火しやすいストーブではありますが、轟音たてて吹き上がるようになったので、近日中に動画撮っておきます。 
2015/12/25(金) 02:56:48 | URL | 山口透 #tZEVnSis[ 編集]
山口透さま:

そうやって焚いたのが上記の記事の写真です。
2015/12/25(金) 07:45:20 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
ん? 写真にはやぐら組が写っています。2枚目のは分かりませんが。
2015/12/25(金) 09:13:52 | URL | 山口透 #tZEVnSis[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1264-ce16cc91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック