春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
今回の古民家への薪ストーブ&煙突設置工事の際も、メンテナンス性には配慮した。チムニーからステンレス製の鎖を垂らして登っていけるようになっている。

鎖を垂らす場合、工務店や大工さんにチムニー作成を依頼すると、このようにチムニーの下側からやりがちだ。しかし、側面上部の固定ポイントが望ましい。より安全に楽にチムニー上部のたどり着けるからだ。単にチムニーまで登っていくだけでなく、チムニー上部に立って煙突掃除するという本来の目的を考えれば、そうなるはずなのだけど・・・。

※今回は低予算での工事だったため、チムニー作成工事は施主さんが直接近所の大工さんに発注していた。

resize2004_20151207195506dd1.jpg
古民家の屋根の頂点付近に角トップ

resize2006.jpg
二連梯子をかけてアクセスできるようにした

resize2007.jpg
チムニー下部からステンレス製の鎖を垂らして安全確保

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
やっぱりそうでしたか
先日同様の案件で、意図したのとは違った所に鎖が取り付けられていたのと同じような場所に、チムニーに鎖が付いている写真を見て、内心『???』だったのですが…

次回以降は、かわはらさんが意図したとおりの「チムニーから鎖」方式が定着する…と思います、多分(^_^;)。
2015/12/10(木) 09:39:27 | URL | Mr.トリデ #-[ 編集]
Mr.トリデさま:

工務店や施主さん主体で作る時は、そこまでフォローしないとダメみたいですねぇ・・・。
2015/12/10(木) 16:54:28 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1250-a0baeedf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック