春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
長年の使用でロストルが熱で極端に変形してヒビが入ってしまっていて、本来の場所に入らなくなってしまっていた。

resize1982.jpg
炉内の本来の位置にハマらないくらいの変形

resize1981.jpg
ロストル前部と後部のパーツを並べてみる(本来であれば、この二つが重なる)

resize1980_201512052141047f0.jpg
体重をかけて二分割して炉内に戻す応急処置

resize1979_20151205214103088.jpg
何とか使える状態になった

入居した中古住宅にたまたまついていた薪ストーブということで、使い方も全く判らず、排気ダンパーの切り替え、使い方も知らずに常にオープンの状態で使っていたそうだ。そのため本来の設計以上の高熱にさらされ続けて、各パーツがダメージを受けてしまっていたようだ。

「温度が上がったら、ダンパーを閉じる」という基本的なことを説明して、シーズン直前の煙突掃除、本体メンテは終了した。今シーズンは、これまでとは違う本来の性能を発揮してくれるだろう。

ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
私が昨年修理依頼受けた案件も、
こちらと
全く同じ機種
全く同じ症状
全く同じ使い方
でも破損でしたね。
鋳物がこんなに曲がるのか、と思いましたよ。
2015/12/07(月) 08:11:13 | URL | kouda #-[ 編集]
koudaさま:

ダンパーによる切り替え操作が必要な機種は「マニアック」ですよね。一般人にはちょっと難しいと思います。
2015/12/07(月) 09:25:19 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
マニアでもアンコーなんチャラ5年で修理 
し15万円。

5年ごとでこれでは困り

10年で30万円出すなら

新台が買える修理費になると思い

CB機へ交換。
2015/12/07(月) 23:51:50 | URL | 楢 #yLjmSUGw[ 編集]
楢さま:

壊れて修理することさえも快感だと思えるような愛着を持てるユーザーも幸せだと思います。

私はシンプルで壊れにくい機種が好みですが、人それぞれですねぇ。
2015/12/08(火) 07:36:56 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1247-f99128c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック