春夏秋は冬を待つ季節(シーズン2)

DIYで費用を抑えた設置から高級機まで幅広く網羅。メンテナンス、薪集め、薪割り、ダッチオーブン、ピザなどの薪ストーブ料理など使いこなしの話題を中心に薪ストーブライフを充実させるノウハウが満載。初心者からベテランまで薪ストーブや暖炉を一緒に楽しみましょう!
AGNIの空気調整レバーの操作は、とても気持ち良い。

ハンドル部分が木部なので触っていて気持ち良いし、動きも滑らかかつスムーズで安心感がある。そして、さらにわずかな動きにもリニアに炎の表情が反応してくれて、微妙なコントロールが可能だ。オーロラ炎が自由自在にコントロールできる。

他社製のオーロラが売りの機種だと、思いっきり絞ってユラユラの炎にすると煙突から蒸気機関車のように白い煙がモクモク立ち上がってしまうけれども、AGNIの場合にはツイン触媒で燃え残りのガスを燃やしてくれるので、ここまで極端に絞っても煙突から目視確認できる白い煙は出てこない。




ブログ村ランキング:オリジナルバナー

スポンサーリンク

コメント
この記事へのコメント
世界に誇る? ハイブリット薪ストーブ
寒い地域で触媒機は威力を発揮するので住宅街で使用しても白煙がモクモクしないのが本当ならスバラシイ。

絞ってもイブカナイのであればオーロラを売りにしたCB機にも真似は出来ません。

2015/11/28(土) 01:24:34 | URL | 楢 #yLjmSUGw[ 編集]
楢さま

白い煙がモクモクにならないのは使い方次第です。適正な温度まで上げて正しく使えばとう前提条件があります。
2015/11/28(土) 06:42:41 | URL | かわはら #MvScDlpk[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://kawahara1967.blog93.fc2.com/tb.php/1237-8d31e299
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック